ソフトイオン化質量分析計 | AirSense


複合ガス成分の高速リアルタイム分析

ソフトイオン化質量分析計 AirSenseは、一台で幅広いガス成分を検出するフレキシビリティと信頼性、 頑丈さを兼ね備えた最新のソフトイオン化質量分析計です。 イオン分子反応(IMR)を利用しているため、他の質量分析計に比べて、高速レスポンス、 幅広い応答レンジ、選択的な測定、低濃度域の検出限界などの多くのメリットを提供します。 自動車排ガス分析、環境中の微量VOC分析から、医療における呼気ガス分析、食品のフレーバーリリースの解明に至るまで、様々な分野におけるガス分析に応用されています。


AirSenseの特徴

イオン分子反応による多成分質量分析計で下記のオンライン/オフライン分析に最適
  • 複合揮発成分
  • 希ガス成分
  • 脆弱な分子

有機と無機の両成分を同時(オンラインまたはオフライン)に検出可能
  • 脂肪族化合物、芳香族化合物、アルコール、アミン、アルデヒド、ケトン カルボン族、無機酸、塩基
    例)二酸化炭素、酸素、窒素、水、メタン、イソプレン、アンモニア、一酸化窒素 アセトアルデヒド、アセトン、アセトニトリル、エタノール、プロパノール ベンゼン、ジエチルエーテル・・・

フラグメンテーションを起こしにくく、分子イオンピークが検出されやすい。
検出感度に優れる:サブppb ~ Vol%
高速モニタリング: 1massにつき1msec以上

IMR-MSの原理

幅広いアプリケーションにおける特定のニーズに応えるために、 AIRSENSEシリーズはイオン分子反応(IMR)の測定原理を利用しています。 IMRテクノロジーを用いることによって、測定は高速かつ選択的になり、あらゆる干渉が入りません。 他のイオン化法とは異なり、 フラグメンテーションやスペクトルの重なりが見られず、 検出される結果の解釈を容易にします。

IMRは、低エネルギーレベル(10 eV~14 eV) でのプライマリイオンを用いて、プローブガスを完全にイオン化します。 S/N比は、一体化した八重極セパレータによって、 プライマリイオンをフォーカスし、あらゆる干渉を除去することで最適化されます。 そして、その後四重極マスフィルタ(0~500 amu)で分子を分離し、高速パルスカウンターでさらに検出します。

AIRSENSEの原理

原理の動画、「たばこの煙の分析」の動画はこちら(YouTube)

GC-MSとIMR-MSの特徴の比較

GC-MS IMR-MS
対象測定物質 類似した化学特性のみ 異なる化学特性をもつ複合成分の同時分析が可能
成分分離 あり なし
直線性 濃度範囲に限界あり <0,001ppm~Vol%(105)の広濃度範囲で直線性あり
前処理 低濃度の検出には必要:時間を要する 不要
オンライン分析 不可能 1成分あたり1msec以上のオンライン分析が可能
分析時間 10分~60分 >1msec/成分(検出濃度に基づく)
注入方法 液体、ヘッドスペース、または濃縮成分のスタティック注入 ガスまたは濃縮成分のダイナミックヘッドスペース注入
キャリアガス 必要 不要

ページのトップへ戻る