センソメトリクスを学ぶワークショップ

2017年11月10日(金)

Statistics for Sensory Data in TimeSens®



フランス国立農業研究所(INRA)のリサーチディレクターであるDr. Pascal Schlichを招き、 「センソメトリクスを学ぶワークショップ」を開催致します。本ワークショップでは、 TimeSens®ソフトウェアを用いて、外部データ(官能評価ソフトウェア FIZZ等による)をインポートし、 統計解析を行います。TimeSens® は、TDSやTDL(Temporal Driver of Liking)等の時間経過での評価法、 またCATA, Napping®等の迅速なプロファイリング評価法のデータ解析に特に有用で、独自の統計機能、 包括的なテーブル、高品質なグラフィック機能を有しています。本ワークショップでは、 参加者がノートPCとデータ(講師からも提供されます)をお持ちいただき、その場で解析を行い、 講師から具体的なアドバイスを受けることができます。最先端の官能評価データ解析を学べる半日ワークショップです。

開催概要

名称 センソメトリクスを学ぶワークショップ
日時 2017年11月10日(金) 13:00~17:30(受付 12:40~)
主催 アルファ・モス・ジャパン株式会社
会場 AP品川会議室(東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 7階)
対象 官能評価に従事されている方、またはご関心のある方。特に:
  • FIZZをご利用中で、そのデータ解析の幅を拡げられたい方
  • TDS等の時間経過を伴う評価とそのデータ解析にご関心のある方
  • センサリーデータをより良く解析するために、MAMの使用にご関心のある方
  • あらゆる消費財分野の専門家で、センサリーデータを理解し意思決定に利用したい方
最小催行人数 5名
定員 20名 (定員になり次第、締め切りとさせていただきます)
参加費 30,000円 (税込)
お支払い 銀行振込 2017年11月2日(木)まで
お申し込み 下記をクリックし、専用のお申し込みフォームよりお申込みください。
*定員となり次第締切とさせて頂きますので、あらかじめご了承ください。

お申込みフォーム

プログラム(概要)

12:40 - 13:00 受付
13:00 - 13:30 TimeSens® の紹介と外部データ(FIZZ等)からのインポートについて
13:30 - 15:00 Temporal (時間経過)データの分析
15:00 - 15:15 コーヒーブレイク
15:15 ‐ 16:15 定量的記述データと嗜好データの解析
16:15 - 17:00 CATA, Free Sorting, Napping データの解析
17:00 - 17:30 講師との歓談
  • プログラムの内容・時間は予告なく変更する場合がありますので、予めご了承下さい。
  • 講演は英語で行われます。(一部、日本語訳を追加します)
  • TimeSens®にご関心のある方は、当日ノートPCを持参いただき、ご自身のデータで解析することが可能です。A free 30‐days Try‐out version can be downloaded at www.timesens.com.

本セミナーのご案内PDFのダウンロード

Dr. Pascal Schlich - セミナー講師略歴

Dr. Pascal Schlich(パスカル・シュリック)は、フランス国立農業研究所(INRA)のリサーチディレクターです。 現在、フランスDijonに所在するCenter for Taste and Feeding Science (CSGA)にて、ChemoSensプラットフォームの所長を務めています。 Dr. Schlichは、センサリーデータの収集と分析のための革新的な手法を開発する統計学者です。 Temporal Dominance of Sensations (TDS)法を導入し、約1,500のセンサリー研究データを収集したSensoBaseプロジェクトを開発。 センサリー教育や、脂肪・塩味・甘みの感覚に関する嗜好の全国消費者調査をコーディネートし、TimeSens®ソフトウェアを開発しました。 Dr. Schlichはまた、フランスの複数の大学で統計学の教鞭を執り、世界の主要な企業においてコンサルティングも行っています。

お問い合わせ

アルファ・モス・ジャパン株式会社
〒108-0074 東京都港区高輪1-5-4 常和高輪ビル8階
Tel: 03-5475-3291 Fax: 03-5475-3292


ページのトップへ戻る