クロマトデータシステム(CDS)との互換性


GC用オートサンプラHTシリーズは、既存のクロマトデータシステム(CDS)と互換性があり、分析は簡単にスタートできます。

HTオートサンプラの使用に際し、既存の慣習や分析プロセスを変更する必要はありません。GC条件については、これまで通り、CDSで設定し、サンプルシーケンスをスタートします。オートサンプラに関しては、本体前面のタッチスクリーン/キーパッド、またはHTA社のソフトウェア(HTA Autosampler Manger)でメソッドを設定し、スタートするだけです。また、特定のCDS用ドライバを追加して既存のCDSから操作させることもできます。


 CDS ドライバーサポート機種 
Agilent
ChemStation GC用(revision B 以上)
EzChrom Elite MSD ChemStation
Masshunter OpenLAB CDS - ChemStation Edition GC用
OpenLAB CDS - EzChrom Edition GC用
HT3000A, HT3100A, HT3200A
HT2000H, HT2000HT, HT2100H
DataApex
Clarity
HT3000A, HT3100A, HT3200A
HT2000H, HT2000HT, HT2100H,
HT2800T(ヘッドスペース&液体注入モード)
Shimadzu
LabSolutions GC
GCsolution
GCMSsolution
HT3000A, HT3100A, HT3200A
HT2000H, HT2000HT, HT2100H, HT2800T
Thermo
Chromquest
HT3000A, HT3100A, HT3200A
HT2000H, HT2000HT, HT2100H

※詳細はお問い合わせ下さい。


ページのトップへ戻る