GC用液体オートサンプラ | HT3200A / HT3000A / HT3100A



高速・高精度のサンプリング能力を有する液体用オートサンプラ

HT3000Aシリーズは、高速・高精度のサンプリング能力を有する非常にコンパクトな液体用オートサンプラです。 GC本体上に設置可能で、ベンチスペースをほとんど必要としません。最大2つまでのインジェクターの設定が可能です。 シリンジサイズは0.5~100μLと豊富で、スタンダードな121ポジションのトレイ仕様(HT3000A)、 最上位機種の209ポジション仕様(HT3200A)、コストを重視した安価な15ポジション固定ポケット仕様(HT3100A)の、3つのモデルを用意しています。

HT3000Aシリーズの特徴


プラグアンドプレイで据付が容易

自動アライニングの「プラグアンドプレイ」機能により、ツールを使わずに数秒でオートサンプラを据え付けることができます。 また、ラボに複数の異なるGCがある場合でも、分析作業に応じて、GC間でオートサ ンプラを簡単に付け替えることができます。


簡単操作

サンプルをロードし、ダウンタイムなしでサンプリングを開始します。


タッチスクリーン

本体正面にはフルカラーのタッチスクリーン (HT3000A/HT3200A)またはキーバッド(HT3100A)が付属し、使いやすい設計です。



超高速インジェクション

100ms以下での高速インジェクションを実現し、最適な ピーク形状を確保しながら、結果の精度を最大化します。


最大の溶媒容量

本体には、6つの洗浄溶媒用ポジション(合計容量:60mL) を有し、長時間の自動サンプリングを可能にします。

HT2800Tシリーズのヘッドスペース、液体注入モードのその他の機能の詳細は、下記の姉妹機のページをご参照下さい。


ダブル洗浄

A、B、... Fの溶媒の注入前・注入後洗浄に加え、A+BやA+C、F+Eなどの2つの溶媒の組み合わせを選択することもでき、 キャリーオーバーの可能性を排除した優れた分析性能を得ることができます。


洗練されたサンプリング技術

内部標準(サンドイッチインジェクションとして知られている)技術や、混相、大気ヘッドスペース、 優先度注入、ナノリットルインジェクションなど、洗練されたサンプリング技術を有しています。 パラメータは容易に プログラム可能で、揮発性または粘性の非常に高いサンプルに最も便 利なサンプリング方法と、 最適なインジェクション技術の両方を最適化することができます。


シリンジイルミネーション

シリンジを照らすイルミネーション機能が備わっています(HT3000A/HT3200A)。 サンプルの状態を常に管理しやすくし、メソッドバリデーションにおける気泡の有無のチェックなどに便利です。


ソフトウェアコントロール

HTA Autosampler Manager (HT3200A/HT3000Aにはオプション)をPCにインストールすることで、 ソフトウェアでオートサンプラを制御することができます。 スタンダードモード(HT3100Aでは標準装備)と、CFR 21 Part 11に準拠したフルモードの2種類があります。


HT3200A 最上位モデルのみの特徴

バーコードリーダー

HT3200Aには、バーコードリーダーが内蔵されており、詳細なサンプル追跡が可能です。


シリンジID

RFIDタグに基づく独自の技術で開発された、革新的なシリンジIDを備えています。 シリンジIDは一義的な方法でシリンジを識別することができるため、 シリンジをマウントする際のエラーを防いだり(シリンジ容量の不一致は不可能など)、 シリンジ消耗を追跡したりすることができ(予防保守カウンタ)、 分析における高い信頼性を提供します。


GC用オートサンプラHTシリーズが対応するGC, GC-MS機種例

Agilent/HP 4890, 5890, 6820, 6850, 6890A, 6890N, 7820A, 7890A, 7890B, Intuvo 9000
(5971, 5973, 5975, 5977, GCD Plus, LECO, JEOL, Waters... )
Bruker/Varian 430, 450, EVOQ GC-TQ, Scion 436-GC, Scion 456-GC, Scion SQ, Scion TQ
3300, 3380, 3400, 3600, 3800, 3900 (Saturn 1200, 2100, 200, 4000... )
DANI 8610, 8500, 1000, Master GC (Master TOF-MS Plus) 
GL Sciences GC353-1, GC-3200, GC-4000
Hitachi G-3000, G-3900, G-6000, G-7000
J-Science GC7100
Perkin Elmer Autosystem XL, Clarus 400, 480, 500, 580, 600, 680, 690
Shimadzu GC-14, GC-17, GC-2010, 2010 Plus, 2014, 2025, Tracera, Nexis GC-2030
(GCMS-QP2010, QP2020, QP5050A, TQ8030, TQ8040, TQ8050...)
Thermo Focus, Trace Ultra, Trace 1300, Trace 1310
(ITQ, Polaris, Thermo DSQ, TRACE MS Plus, TSQ Quantum GC, Voyager…)
   ※その他のGCモデルにも適用可能です。

HTオートサンプラ+GC

HTオートサンプラ + GCのセッティング例はこちら


HT シリーズのGC 用オートサンプラは、あらゆるモデルのGC に対応できるため、GCの更新(交換)時でもオートサンプラはそのまま使い続けることができます。 ご使用のGCの型式をご相談ください。

GCモデルに応じた専用のインストレーションキットを用意しています。取り付けから動作までの互換性を保証します。

GCモデルによらず、オートサンプラのメンテナンス、バリデーションは、当社サービス部門によってサポートされますので、安心してご使用いただけます。

クロマトデータシステム(CDS)との互換性

各種クロマトデータシステム(CDS)に対応するドライバも用意しています。ドライバをインストールすれば、Agilent EZChrom,Agilent ChemStation や Thermo Chromquestなど(*)のCDSから、HTオートサンプラのメソッド(SPMEを除く)やシーケンスの作成・編集、操作が直接可能になります。
(*)適用機種はご相談下さい。
詳細はこちら

製品仕様

モデル HT3200A / HT3000A / HT3100A
一般 シリンジサイズ 0.5, 1, 5, 10, 25, 50, 100μL
トレイ収容力 2mLバイアル121本/移動トレイ×1 (HT3000A)
2mLバイアル15本 (HT3100A)
2mLバイアル209本/移動トレイ×2 (HT3200A)
メンテナンス 予防保守カウンタあり
PCからの制御 LAN, TTL, RS232(オプション)
シリンジエリア
イルミネーション
あり(HT3200A、HT3000A)
なし(HT3100A)
サンプリング サンプル量 最低0.1μLステップ
エア量  最低0.1μLステップ
吸引速度 1μL~100μL /sec
粘性時間 0~15sec
気泡除去 0~15回
インジェクション 注入速度 1~100μL /sec
注入深度 可変
注入前後遅延時間 0~99sec
洗浄 タイプ 注入前、サンプル中、注入後
溶媒容量 10mL バイアル6本
モード シングルまたダブル洗浄
内部標準(IS) 内部標準容量 最低0.1μLステップ
エアギャップ容量 最低0.1μLステップ
モード シングルまたはダブルエアギャップ
設置条件 15~35°C, 5~85%RH
寸法・重量 280(W)×570(H)×320(D)mm, 8kg(HT3000A)
280(W)×570(H)×320(D)mm, 6.4kg(HT3100A)
280(W)×570(H)×320(D)mm, 9.2kg(HT3200A)
電源 100/240V±10%Vac; 50/60Hz, 60VA
ページのトップへ戻る