におい嗅ぎシステム | Sniffer 9000


高感度な人の鼻を検出器に利用したGCオルファクトメータ(GC-O)は、食品やフレーバー、香水、そして材料など、あらゆる匂い、香りに影響を与えている物質を決定することができます。 Sniffer 9000は、あらゆるタイプのGC、GC-MSに接続できるスタンドアローンのにおい嗅ぎ専用ポートとして汎用的に設計されています。


試験者の快適さと機能性を重視した、におい嗅ぎ専用ポート

Sniffer 9000の加熱インターフェイスは、キャピラリーカラムで分離されたサンプル成分の分解能をロスすることなく、 スニフィングコーンまで送ります。トランスファーラインは、試験者に十分な空間を与えることができるよう、80cmと140cmの2種類を用意しています。 カラムを出たサンプルには、メイクアップガスおよび加湿されたエアを混合することでパネリストの不快感を軽減し、かつ最大の分離をさせたはっきりとした匂いをスニフィングコーンへ運びます。
Sniffer 9000は、1台のGCに最大3ポートまでの接続が可能です。3名のパネリストが同時に試験をすることができるため、試験効率とデータ精度の向上に繋がります。


GC のピーク強度が匂いの強度と一致するとは限りません。

FIDやMSでの検出感度が、人の嗅覚に比べて劣る際、におい嗅ぎからフラクションコレクタPREP 9000に容易にアップグレードすることができます。

例)ペパーミントオイルの測定:パネリストはにおいを感じるが、FID/MSでは検出できない。



FID ピークよりも匂い強度が明らかに強いケース
フラクションコレクタにアップグレードして分取


におい嗅ぎオプション


フィンガースパン

パネリストが感じた香りの強度を,パネリストの親指ともう1つ他の指(一般的には人差し指、または中指)を動かし、その2本の指の距離を用いて表示する装置です。 この強度の信号は、既存のデータシステムやインテグレータに直接入力できます。


Nose to Text(音声認識ソフトウェア付)

最高性能の音声認識ソフトウェアに基づいて、パネリストの嗅いだ直感的な匂いのコメントをリテンションタイムに対して音声入力することができます。 これによって、パネリストは嗅ぐことにより集中することができ、また記録のための余分な人を用意する必要がありません。 さらに、複数のタイプのデータレポート機能と、におい用語に対するライブラリサーチ機能も有しています。



VarioSplit ~スプリット比を自由自在にプログラミング~

VarioSplitは、ドームスプリッタで、1つのインプット(カラムから)、2つのメイクアップライン、2つのアウトプット(検出器)で構成されています。 メイクアップラインの流量を調節することで、全体の流量を維持しながらアウトプット流量の分岐比率を変更することができます。


におい嗅ぎトレーニングキット

Sniffer 9000 トレーニングキットは、匂いの種類とそのクロマトグラムが既知の混合液を使って、におい嗅ぎシステムのトレーニングができる強力なツールです。 トレーニングキットには、30m のカラム、17 種のにおい物質の入った標準混合液、プレスフィット、プレカラムフェラル、ユーザーマニュアルが含まれます。 Sniffer 9000 を初めて利用される方、におい嗅ぎを初めて試される方にとっては手軽に学習できるキットです。


保持指標&においライブラリ

保持指標&においライブラリ AroChemBase(アロケムベース)は、科学論文から集められた化合物保持指標とにおい記述子情報を含むライブラリです。 GC-O(またはGC-O/MS)とAroChemBaseの組み合わせにより、検出器(FIDやMS)で検出されない化合物でも、 ヒトの嗅覚で感じられたにおい情報をもとに、AroChemBaseライブラリから可能性のある化合物を推定することが可能です。


製品仕様

Sniffer 9000 (80cm インターフェース)
Sniffer 9000 (140cm インターフェース)


ガスクロマトグラフ関連製品

におい嗅ぎシステム SNIFFER 9000 は、ガスクロマトグラフ PR2100や、 GC用オートサンプラ HT2800Tと組み合わせることができます。

PR2100+SNIFFER9000+HT280T

ページのトップへ戻る