GCノーズ | ULYS / ULYS-S


ULYS(ユーリス)シリーズは、ガスクロマトグラフ PR2100のGC機能に、クロマトグラムのパターン分析やライブラリ検索機能を備え、におい分析に特化したユニークなGCノーズです。 用途やご予算に応じて、検出器やカラムの種類と数、そして周辺装置の構成を自在にアレンジすることができます。


単独GCに、におい分析(硫黄成分にも選択的)の付加価値!


ユーリス  = FID x 2, カラム x 2

ULYSは、2種類のカラムと2つのFID検出器を搭載し、一度の分析で2つのクロマトグラムを得ることができます。 極性の異なるカラムを使うことで、特性の異なる複合成分の分離を効率よく行うことができるほか、 保持指標ライブラリAroChemBaseによる化合物検索において、2種類のカラム保持指標クロスサーチで絞り込みにも有用です。


  • FID x 2
  • S/SLインジェクタ
  • カラム2本(極性の異なるもの)
  • 標準GCプログラム+多変量解析プログラム
  • 保持指標&においライブラリ(オプション)

ユーリスS = FID + FPD, カラム x 1

ULYS-Sは、FIDとFPDの2つを検出器として組み合わせることで、 硫黄成分の検出選択性を高めることができます。ひとつのカラムで分離された各成分は、FIDとFPDに分岐されてそれぞれ検出されます。


  • FID + FPD
  • S/SLインジェクタ
  • カラム1本 (2つの検出器へ分岐)
  • 標準GCプログラム+多変量解析プログラム
  • 保持指標&においライブラリ(オプション)

コンパクトな高性能デュアルチャンネルGC

ULYSシリーズは、ガスクロマトグラフ PR2100の、コンパクトで高性能なGC機能をベースとしています。

  • 二重ドア構造オーブンにより、優れた温度管理と静かで安全な操作を保証
  • 電子制御回路用電源独立しているため、停電やスパイクからGCを保護
  • モジュラー方式で、検出器やインジェクタの種類、数を選択自在

GC機能の詳細は、ガスクロマトグラフ PR2100へ

クロマトグラムのフィンガープリント分析による「においの識別」

ULYSおよびULYS-Sの測定・解析ソフトウェア AlphaSoft (アルファ・ソフト) には、GC本体の制御、メソッド・シーケンスの管理、 ピークインテグレーション、成分定量など一般的なGC分析機能に加え、最先端の多変量解析プログラムがパッケージされています。



「主成分分析」によるサンプルの分類(各サンプルの識別に貢献しているピークも明確になります)



「PLS回帰分析」による官能スコアの予測


AlphaSoftの詳細はこちら

保持指標&においライブラリ  AroChemBase(オプション)

AroChemBase(アロケムベース)は、科学論文から集められた化合物保持指標とにおい記述子情報を含むライブラリです。 ULYSシリーズで分析したクロマトグラムを元にGCで分離された化合物の検索、推定、および官能的特性の記述を簡単に行うことができます。

AroChemBaseイメージ
AroChemBaseの詳細はこちら
ページのトップへ戻る