測定・解析ソフトウェア | AlphaSoft


アルファ・モスの官能分析システムにパッケージされている最先端のソフトウェア AlphaSoft(アルファ・ソフト)は、各検出器やオートサンプラのコントロールのほか、 データ取得、解析、レポーティングと多くの機能を有しています。測定条件やシーケンスの構築から多変量解析によるデータの視覚化までサポートします。


多変量解析によるデータの視覚化まで完全サポート!

  • 検出器とオートサンプラのメソッドパラメータの設定と自動制御
  • 分析シーケンスをグラフィカルに簡単構築
  • データ取得とリアルタイム解析機能搭載
  • レポートテンプレートのカスタマイズ機能でオリジナルの報告書を作成
  • 最善な識別結果を得るための変数の組み合わせを最適化
  • 配管やシリンジなど消耗品の寿命管理と、交換手順のビデオ付き
  • 官能評価結果や一般分析値など外部変数のインポートが可能
  • 電子嗅覚システムと電子味覚システムのデータの統合が可能
  • 全てのアクションのログ記録機能搭載

各検出器によるフィンガープリントから統計解析を行います。

AlphaSoftには豊富な統計手法が含まれており、各検出器によるフィンガープリントから、目的に応じて、においや味の定性から定量までを行うことができます。


1. レーダープロット

サンプルのフィンガープリントの比較


2. 主成分分析

複数の変数からの情報を2次元、または3次元のグラフに分類します。


3. 判別分析

製法、原料、ロット及び供給元などの違いによって、においや味の質の異なる代表サンプルをあらかじめ数点測定することで、未知サンプルの判定のためのモデルが作成されます。


4. PLS 回帰分析

あらかじめ成分濃度や官能評価による得点の異なるいくつかのサンプルデータをもとに検量線を作成しておくことで、未知サンプルの定量的な結果を得ることができます。


5. SIMCA

品質管理用手法として用いられ、あらかじめ複数の合格品ロットを用いて、合格域を計算することで、未知サンプルの合否を決定することができます。


6. 統計的品質管理(SQC)チャート

SIMCA と同様に品質管理における判定に用いられます。SQCでは複数のグレードによる管理域を定義し、未知サンプルのグループを同定することができます。


7. 保存期間分析

サンプルの保管温度、包装状態や原料の供給元など異なる条件下での経時的なにおいの変化を簡単に比較することができる手法です。 検出器の応答に関して重大な変化が観察されたポイント(変曲点)を特定することができ、賞味期限の設定などに有効となります。また、未知サンプルの保存期間を推定することも可能です。


主成分得点と固有ベクトルのバイプロット表示

主成分分析結果を解釈するにあたり、固有ベクトルを読み取ることは大変重要です。 AlphaSoftでは、解析に用いたセンサー(FOX/ASTREE)やピークの保持時間(HERACLES/ULYS)を主成分分析グラフの上に重ね合わせることで、 サンプル間の識別に貢献している変数を明らかにすることができます。 特に、HERACLESやULYSでは、各保持時間の成分が同定されていれば、サンプルのにおいの違いに影響する成分の推定に繋がります。


AlphaSoft 仕様

本体制御項目 FOX / GEMINI:キャリア流量、データ取得時間、データ取得間隔、測定間隔
HERACLES / ULYS :注入時間、サンプリング時間、インジェクタ温度、注入圧、温度プログラム、検出器・トラップ温度など
オートサンプラ制御項目 加熱時間、加熱温度、シリンジ温度、攪拌温度、シリンジパージ時間、インジェクション量、インジェクション速度
デ-タ取得項目 FOX / GEMINI :センサー抵抗値、温度、湿度、流量
HERACLES / ULYS:信号強度
デ-タ表示機能 検出器生信号(センサー応答、クロマトグラム、カラーブロックのいずれかひとつ)レーダーチャートによるパターン比較(GEMINI を除く)
データ処理機能 変数(検出器によって、センサー、質量数、保持時間)の最適化ピークのインテグレーション(HERACLES/ULYS)データのノーマライズ化
デ-タ解析機能 主成分分析、判別分析、PLS(複数の項目に関する検量線の構築が可能)、SIMCA、マルチエリアSQC、保存期間、 階層モデル、ユークリッド距離、平均値/標準偏差/相対標準偏差、固有ベクトルのバイプロット表示、オンライン解析(リアルタイムでPLS、SQC モデルにプロジェクト)

ページのトップへ戻る