アンモニア、トリメチルアミンの定量

センサーガスクロマトグラフ ODNA-P2

アミン化合物モデルのTMAに対する感度



センサーガスクロマトグラフィのアミン化合物モデルは、トリメチルアミンをppmレベルで高感度に検出します。官能評価による臭気濃度との相関性も確認されています。



アミン化合物モデルでの成分分離



上記はアミン化合物の成分分離を示しています。約30秒でアンモニアのピークが現れ、約330秒でトリメチルアミンのピークが確認できます。


※添付の資料は著者の許可を得て掲載しています。

ページのトップへ戻る